大学事務システムから大学評価データベースまでトータルにサポートする総合文教ソリューション

組織機能システム

こちらに掲載している内容は、主な機能の一部となります。
すべての機能をご覧になりたい方は、こちらのPDFをご参照ください。

このシステムの全機能を見る(6.46KB)

製品概要

組織機能システムは、学内の組織情報や保有施設、学生支援といった基本情報から学部/全学単位での評価改善活動といった項目まで幅広く管理することができます。また登録データをもとに第三者評価機関への提出データを作成する機能も備えているため、これまでデータ作成に要していた時間を大幅に短縮することが可能となります。

図:組織機能システム 製品概要

導入のメリット

このシステムはエクセルファイルで項目定義をした内容を登録することで、システムが管理するデータ項目を簡単に追加/削除することができます。そのため必要な項目をシステムへ即座に反映することができ、お客様の実務に即した状態でご利用いただけます。
また、お客様のニーズに合わせた認証評価対応をご支援するために、このシステムでは「大学評価・学位授与機構対応版」と「大学基準協会対応版」の2種類をご用意しております。それぞれの評価機関が求めるデータ項目を網羅しているので、システム導入後すぐに必要となるデータを登録して頂くことができます。

主な機能

組織レベル/全学レベルのデータ管理

画面イメージ:組織レベル/全学レベルのデータ管理

施設・組織情報、教育カリキュラム、学生支援、社会貢献等、幅広い情報を組織レベル/全学レベルで登録することができます。データ入力画面に外部機関の調査対象項目が明記され、データ入力がない場合にはエラーメッセージが表示されるため、必要項目の登録漏れを防止することができます。

第三者評価機関への提出データ作成

画面イメージ:第三者評価機関への提出データ作成

お客様が選択した第三者評価機関へ提出するデータ項目があらかじめ網羅されているため、条件を指定するだけで必要なデータを抽出することができます。

データの二次利用(CSV出力)

画面イメージ:データの二次利用(CSV出力)

登録したデータはCSV形式で抽出することができるため、登録データを統計資料や内部調査資料等、戦略的に活用して頂くことができます。

お電話でのお問い合わせ

株式会社SRA 文教ビジネス推進部門

03-5979-2655

受付:月~金 10:00~18:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ

株式会社SRA 文教ビジネス推進部門

uv-info@sra.co.jp

Get ADOBE©READER©

PDF形式のファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社より無償で配布されているAdobe Reader が必要です。
お持ちでない場合は、インストールすることをお勧めいたします。

※ 画面左上のUniVisionマークは大阪芸術大学の学生の作品です。


ページトップへ戻る