大学事務システムから大学評価データベースまでトータルにサポートする総合文教ソリューション

通学部向け:教務システム

こちらに掲載している内容は、主な機能の一部となります。
すべての機能をご覧になりたい方は、こちらのPDFをご参照ください。

このシステムの全機能を見る(16.8KB)

製品概要

このシステムでは、カリキュラム・科目登録 > 時間割・教務クラス登録 > 履修登録 > 試験・成績管理 > 進級・卒業判定といった年間を通じた業務をサポート致します。それぞれの業務において作業が軽減できるよう、様々な機能をご提供します。

図:通学部向け教務システム 製品概要

導入のメリット

複雑な履修規程をすべてデータ化するため、カリキュラムの改正、コースの新設、セメスター制度の導入など、迅速に対応をすることが可能となります。
履修登録の方法には、学生がインターネットから登録する方法や、教職員による画面登録、OCR入力によるデータファイルからの一括登録など、様々な方法があるため履修登録にかかわる作業負荷を軽減します。
また、科目重複チェックや既修得チェック、単位数チェックなど、履修登録時に必要な事は全てチェックすることで完結型を実現しており、登録後の修正やチェック作業を削減できます。

主な機能

カリキュラム/科目情報の登録

カリキュラム/科目カリキュラム情報はデータファイルにて一括登録することができます。またカリキュラム情報には、必修科目登録や科目登録時の制約ルール、単位数の振替ルール、科目ルールなど様々なルールを設定できるので、ミス無くルールに従った科目登録が可能となります。

登録ルールの設定、履修規定科目、振替ルール。ルールに基づく情報の一括登録

時間割/教務クラス/コース登録

年度ごとに時間割情報を一括登録できます。時間割情報は、登録時に同一開講期・曜日・時限で教員/教室の重複がないかのチェック機能があります。
また、教務クラス/コース登録時でも一括登録機能があるので、毎年の作業を軽減することができます。

教員重複チェック、教室重複チェック。時間割情報一括登録

履修登録/確認

履修登録方法には「職員が入力」「OCR入力による一括登録」「学生がインターネットから登録」の3種類があります。また、予めデータファイルにて履修者の抽選時における当選条件を設定できるため、スムーズに履修情報を確定することができます。
登録した情報は学生用画面/教職員画面で、それぞれが内容を確認できる他、履修登録を行っていない学生を抽出する機能もご提供しています。

試験/成績管理

教員からの調査回答に基づき、定期試験の試験方法・日時・教室に関するデータを一括登録できます。(臨時試験や再試験、臨時レポートは、個別に登録・変更・削除することができます。)
また、履修期間終了時の履修者の成績評価は、教員自身が画面を使用して自分の担当授業の成績評価を直接行うことができ、成績が確定後には個人別習得状況や科目別/授業別などに単位の取得状況が集計されます。

進級/卒業判定

修得済みもしくは履修中の単位数・科目数と判定ルールを照合して、学生の進級/卒業判定を行います。

その他

上記機能の他に、各種資格情報管理や教員免許状等の交付情報を管理できます。また、在学証明書や卒業証明書、履修証明書等を窓口や証明書発行機で出力するためのデータファイルも作成可能です。

お電話でのお問い合わせ

株式会社SRA 文教ビジネス推進部門

03-5979-2655

受付:月~金 10:00~18:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ

株式会社SRA 文教ビジネス推進部門

uv-info@sra.co.jp

Get ADOBE©READER©

PDF形式のファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社より無償で配布されているAdobe Reader が必要です。
お持ちでない場合は、インストールすることをお勧めいたします。

※ 画面左上のUniVisionマークは大阪芸術大学の学生の作品です。


ページトップへ戻る