大学事務システムから大学評価データベースまでトータルにサポートする総合文教ソリューション

UniVision製品概要

UniVisionは、Webサービスにより情報を統合管理する、あらゆる規模・環境向けの文教事務システムソリューションです。

UniVisionは、Webサービスにより情報を統合管理するあらゆる規模・環境向けの文教事務システムソリューションです。

1.Webサービスによる統合環境

UniVisionはすべてWeb方式で作成されているため、PCやユーザ環境に依存しない使い勝手のよさを提供します。
UniVisionでは、SOA(Service Oriented Architecture)に基づいた設計を行っています。
それによってUniVision、さらに外部システムとの連携がWebサービスを介してスムーズに行うことができます。

図:Webサービスによる統合環境

2.データ設定による柔軟性

ルールデータベースにより入試制度やカリキュラムの変更にも柔軟に適応し、プログラムの変更が必要ありません。

図:データ設定による柔軟性

3.強固なセキュリティ対策

通信の暗号化、認証、アクセス権などのセキュリティ対策を実施します。さらに開発の段階において、アプリケーション脆弱性対策ソフトを使用した脆弱性のチェックを行い、トップクラスのセキュリティを確保しています。

図:強固なセキュリティ対策

4.通学、通信の双方の機能を装備

UniVisionでは、通学部様向けのシステムと通信教育部様向けのシステムを同一の基盤で提供できます。

図:通学、通信の双方の機能を装備

5.その他の充実機能

PDF形式による帳票出力で保存や再印刷が可能です。自由なデータ取り出しやファイルによる一括処理など効率的な機能処理を提供します。操作性、利便性を重視した画面インターフェースやロールによる的確な利用者権限設定ができます。

図:その他の充実機能

図:必要な情報をスピーディーに検索・照会することができます

文教機関のあらゆるニーズに対応する充実した機能

会計

  • 学校会計基準に完全対応
  • 企業会計との融合
  • 発生主義を採用(拡張)

入試

  • 一般、センター試験、AO,社会人など
    多様な入試制度に対応
  • 迅速な志願者処理
  • マークシートと記述式の採点対応
  • 得点チェック機能の充実
  • 志願者/受験生の統計分析

学籍

  • 完全セメスタ対応(秋入学)
  • 柔軟な学生検索
  • 科目等履修生、聴講生なども管理
  • 遡及学籍異動の即時反映
  • 教務の卒業判定を受けた卒業処理
  • 証明書発行機との自動連携

教務

  • 多様なカリキュラムにプログラム変更なしで対応
  • 履修チェックを即時に行う完結型Web履修
  • Web履修とOCR履修登録の双方に対応
  • 卒業判定、各種資格取得判定を自動で実施
  • 新旧カリキュラム間の科目の振替機能
  • スクーリング科目、テキスト科目などの
    通信教育科目に対応
  • きめ細かい実習管理

学費

  • 請求データに対する自動消込機能
  • 振込、引き落としなど支払いパターンの多様性
  • 学費科目の自由な登録
  • 汎用的な学費減免機能
  • ファームバンキングフォーマットに対応
  • 通信教育の頻度の高い経費請求に対応

ポータル

  • UniVision各サブシステムとの連携
  • UniVision内シングルサインオン対応
  • 教職員、学生間の情報共有や教育支援をサポート
  • 携帯電話への情報発信

就職

  • 多様な企業情報連携
  • 面談によるきめ細かい管理
  • 学校基本調査など多様な統計レポート
  • 学内開催イベントやインターンシップ情報も管理

奨学金

  • 日本学生支援機構(イクシス)連携
  • 学内奨学金を出願から奨学金終了までを管理
  • その他奨学金の管理

健康管理

  • 健康診断情報管理
  • 必要な健康診断項目の選択
  • 未受診者対応機能
  • 再検査者の追跡管理機能

施設予約

  • 時間割と連動した教室予約管理
  • 施設管理者による承認機能

豊富な関連システム

シラバスデータベースシステム

  • 学内外からのシラバス登録可能
  • 公開承認、期間設定などの充実した公開機能
  • 科目、教員、フリーキーワードなど多様な検索が可能

授業支援システム

  • 学生の出席情報を効率よく管理
  • アンケート、小テストなどの支援機能

大学評価データベースシステム

  • 管理項目は大学評価機構、大学基準協会、日本高等教育評価機構に完全対応
  • 研究業績のJSTへの報告データの作成やインターネットによる学外公開機能あり
  • 蓄積データを学内各種資料作成用にCSV形式へ出力機能装備

CALLシステム

  • 音声遅延、ノイズが他社に比べて画期的に向上
  • 業界トップの高品質画像

ネットワーク構築 システム運用サービス

  • UNIX/Linuxを中心としたネットワーク構築において国内随一の実績を誇るキャンパス(30校以上)、研究機関等
  • オープンソース、ITインフラ構築の最新テクノロジーの提供
  • 特定のメーカ、ベンダーに偏らないお客様に最適な提案、体制
  • ITIL※(R)ベースの運用ノウハウ
    ※Informaiotn Technology Infrastructure Library英国政府機関のOGCの登録商標です。
  • ITリテラシー教育、ITスペシャリスト育成などの教育サービス

コンテンツ作成・配信

  • 誰でも自由に効率よくコンテンツ作成、配信が可能

推奨ハード環境

対象 スペック OS ソフトウェア
DBサーバ
CPU
3GHz × 2P-4C
メモリ
4GB
ディスク
72GB × 4
RedHat Linux DB2,PostgreSQL,Oracle
WEBサーバ
CPU
3GHz × 1P-2C
メモリ
4GB
ディスク
72GB × 2
Apache/Tomcat
バックアップサーバ
CPU
3GHz × 1P-2C
メモリ
2GB
ディスク
72GB × 4
 
ファイルサーバ
CPU
3GHz × 1P-2C
メモリ
2GB
ディスク
72GB × 4
 
Get ADOBE©READER©

PDF形式のファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社より無償で配布されているAdobe Reader が必要です。
お持ちでない場合は、インストールすることをお勧めいたします。

※ 画面左上のUniVisionマークは大阪芸術大学の学生の作品です。


ページトップへ戻る