大学事務システムから大学評価データベースまでトータルにサポートする総合文教ソリューション

通信教育部向け:学籍システム

こちらに掲載している内容は、主な機能の一部となります。
すべての機能をご覧になりたい方は、こちらのPDFをご参照ください。

このシステムの全機能を見る(5.98KB)

製品概要

『学籍システム』では入学処理、学生情報管理、学籍異動管理、進級・卒業処理など、学籍に関わる一連の情報を管理します。学籍情報の一括登録や検索機能等の様々な機能をご提供する他、情報漏洩を防止する為の強固なセキュリティ対策もご提供します。

導入のメリット

学籍番号を自動採番

学籍の登録は画面からの単件入力・CSVファイルからの一括登録が可能です。また、登録時には学籍番号を自動的に付与することができるため、登録処理をスムーズに行うことができます。
(学籍番号の付与ルールについてはカスタマイズによりお客様のご要望にお応えします。)

学籍の自動変更

学籍の異動や進級・卒業処理はあらかじめ登録された情報に基づいて処理することができます。例えば、異動日を未来日付に設定すると、その期日に自動変更されます。また、卒業処理はUniVision『教務システム』との連携により、卒業判定情報から自動的に処理をする事ができます。

『学費システム』との連携で情報の正確性をさらに向上

『学費システム』との連携により、学費未納者の情報から学費未納除籍、休学可否判定をすることができるため、システム間での齟齬や手続き漏れを防ぐことができます。

図:通信教育部向け学籍システム 導入のメリット

主な機能

新規学籍登録

志願票をOCR機で読み込んで志願者情報のデータファイルを作成します※1
作成後、そのデータファイルをシステムに取り込むことによって学籍情報を作成します。

※1 OCRで読み込めない情報は志願票に基づいて学籍情報を登録します。

学籍異動処理

学籍に異動が発生した場合、予め設定された異動日の段階で自動的に異動後データが反映されます。

学生情報検索

画面イメージ:学生情報検索

学生情報、学籍異動情報、保証人情報は、学籍や所属といったの様々な項目で検索することができます。
検索結果は検索一覧と個人別情報として参照・修正することができます。

※学生検索は利用者(主管部署/教員)に応じて検索内容を制限することが可能です。

その他(帳票出力等)

登録情報を基に、入学許可証や科目等履修許可通知、学生住所ラベルを出力することができます。

お電話でのお問い合わせ

株式会社SRA 文教ビジネス推進部門

03-5979-2655

受付:月~金 10:00~18:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ

株式会社SRA 文教ビジネス推進部門

uv-info@sra.co.jp

Get ADOBE©READER©

PDF形式のファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社より無償で配布されているAdobe Reader が必要です。
お持ちでない場合は、インストールすることをお勧めいたします。

※ 画面左上のUniVisionマークは大阪芸術大学の学生の作品です。


ページトップへ戻る